京都こどもファンド 寄付先:子ども・教育

地域のみんなで、子どもと親を支える仕組みづくり。
100円の寄付から、孤立しがちな子どもや親を支えることができます。
1,620
10
現在の寄付総額 1,620 円 現在の寄付件数 10 件

あなたのご寄付は、「京都」の子どもたち、親たちが明るく笑える社会をつくるために役立てられます。
*『京都こどもファンド』に寄せられた寄付は、【脱・孤立】のために真摯に取り組む府内の市民活動団体に届けられます。

寄付先団体概要

組織名 公益財団法人 京都地域創造基金
ウェブサイト http://www.plus-social.com/cn8/kodomo_fund.html
活動内容 2009年3月、300名以上の市民からの寄付を基本財産として設立。多くの市民の“想い”が実現する豊かな地域社会の創造をめざし、寄付者の想いに沿った独自の寄付の仕組みを生み出し、「市民の主体的な活動」を支えています。

あなたの寄付はこんなふうに使われます〜京都こどもファンド〜

どうして行うことになったの?

子どもたちが幸せであってこそ、地域の豊かで明るい未来が期待できると、私たちは考えます。

けれど、現実に子どもを取り巻く環境には、様々な課題があります。児童虐待、養育放棄、いじめなど、子どもに関わるニュースを見ない日はないほど。
誰にも助けを求められなかった子どもたち、寄る辺ない思いを外に出すことが出来なかった親たち──。悲しさ・寂しさ・辛さを抱えている子どもたちや、社会に助けを求めている家庭を、地域で支えることができるはずです。

京都地域創造基金は、様々な課題に対し「自分たちにできることをしよう」と地域で頑張っている市民の活動を支えるため、『京都こどもファンド』を立ち上げました。

http://www.plus-social.com/cn8/kodomo_fund.html

プロジェクト内容

『京都こどもファンド』は、子どもと子育てに関わる市民の活動を支えます。 具体的には、【脱・孤立】に向けた次のような活動に、皆様からお預かりした寄付を届けます。寄付を届ける団体は、公募の上、有識者等による選考で選ばれます。

京都こどもファンドが支援する活動の例:

  • 子どもの一時預かり、家庭の訪問・巡回・相談などのサポート活動
  • 生活困難家庭の子どもの生活(衣食住)を支援する活動
  • 母子・父子家庭支援、病児/障がい児支援、在住外国人家庭の支援など、ニーズを抱える家庭や子どもをサポートする活動
  • 学校等と連携し、子どもや子育てに関わる支援の輪を広げる活動

寄付により実現すること

『京都こどもファンド』は、【脱・孤立】に向けて真摯に取り組む市民活動団体に寄付を届けることで、地域社会で孤立無援の状態にある子どもや親や家族を支えます。悲しさ・寂しさ・辛さを抱えている子どもたちや親たちが明るく笑いあえる社会を実現します。

子どもを取り巻く多様な課題。その解決は家族だけでは難しく、また既存の制度だけでは解決できません。だからこそ地域で支えあうことが求められています。

これまでにも具体的に課題解決に取り組む活動はたくさんありましたが、その活動を支える仕組みがありませんでした。『京都こどもファンド』はその欠けていた仕組みそのもの。

『京都こどもファンド』は、子ども、子育てに関わる市民の主体的な取組みを支える、社会基盤になることを目指します。

『京都こどもファンド』は、2010年10月にスタートした新しい取組みです。今後、寄付を届けた団体の成果などは、ホームページ等で随時お知らせします。